忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年08月19日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年08月30日 (Fri)
「もう・・・・二人とも、昼間から何てことしてるんだよ・・・・」
「いや、ははは・・・・」
「・・・・・・・・」

名雪の言葉に、乾いた笑いを浮かべる俺と真っ赤になって俯く香里。
菜織は逃げるようにして、自分の部屋に戻ってしまった。
何があったかと言うとだな・・・・俺と香里がいつものように乳繰り合ってたら、そこへ突然名雪が来訪して衝撃的な場面を目撃してしまったと言うわけだ。(Kanon小ネタ 7 参照

・・・・よく考えると、えらいとこ見られたもんだな。
PR
2002年08月15日 (Thu)
「こんにちは~」
「あら、名雪」
「何だ、来てくれたのか?」

病室のドアを開けて、挨拶しながら入ってきた従妹にそう声をかける。
手には、お見舞い品なのか籠に入れた果物を持っていた。
2002年08月07日 (Wed)
「随分と大きくなったなぁ」
「ふふ、もういつ生まれてもおかしくないわね」

そんな事を話しながら、俺は香里の大きく膨らんだお腹を見やる。
香里は、幸せそうな顔で膨らんだお腹をさすっている。
二人目・・・・か。
2002年07月23日 (Tue)
今日は休日。

俺は一人、リビングでテレビを見ていた。
香里は現在、キッチンで夕飯の準備中(結婚してから随分と料理が上手くなったもんだ)
菜織は友達の所に遊びに出ている。

しかし、何と言うか・・・・暇だな。
そう言えば2連休なんだよな。
明日は、菜織を連れてどこかへ遊びに行こうか・・・・。
2002年07月22日 (Mon)
「いよいよか・・・・何か緊張するな」

俺は待合室の部屋で一人そう呟いた。
今日は人生最大のイベントだ。
・・・・別に詳細は言わなくても分かるよな。

え?相手?
・・・・すぐに分かる。




「祐一さん。そろそろですよ」

そう言って、秋子さんが入ってきた。

「あ、はい。今行きます」

俺は秋子さんに向かって頷くと、椅子から立ち上がった。
さぁて、行くか!
Comment
Blog Search
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback