忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年08月25日 (Sun)
祐一「かっおり~」
香里「きゃっ。ちょ、ちょっと!今、祐梨にミルク上げてるんだから邪魔しないで!」
祐一「そんなつれない事言うなよ~。最近、香里が祐梨ばかり構うから寂しいんだ」
香里「な、何を馬鹿な事を・・・・」
祐一「・・・・隙あり!」
香里「んああっ。ば、ばか!何やってんのよ!」
祐一「右側は祐梨に占拠されてるからな~、左側は俺が貰った」
香里「馬鹿なこと言ってないで、とっと離れて・・・・!」
菜織「あ~!二人ともずるいよ!」
祐一&香里「「! な、菜織!?」」
菜織「わたしも~、わたしもママのおっぱい吸いたいよ~」
香里「な、菜織まで何を言って・・・・ちょ、ちょっと二人とも止めなさいってば!」
祐一「わははは、3人仲良くママのおっぱい貰おうな~」
菜織「うん!」
香里「い、いい加減にして~~~!!」


その時、たまたま家に遊びに来た名雪が、その光景を見て絶句したと言う・・・・(笑)


PR
2002年07月28日 (Sun)
『朝~朝だよ~、朝起きて学校行くよ~』
「・・・・ん」

カチッ。

いつものように、更に眠気を誘うような目覚ましを消すと俺は身を起こした。
カーテンを開けると、外は一面の銀世界。
一晩で一気につもったらしい。
今日は寒くなるな・・・・。
そんな事を考えながら、俺は制服に着替える。
2002年07月19日 (Fri)
『あお~げば~とう~とし~・・・』

卒業式・・・。
仰げば尊しが流れる。
この曲を聴くと、あぁ卒業なんだなって感じがする。

高校生活も今日で終わりだな・・・・。
2002年07月07日 (Sun)
今日は七夕。
水瀬家にみんな集まって、七夕パーティをする事になっている。
それで、俺は今短冊を飾る笹を買いに来てるわけなんだが・・・・。
確か、秋子さんがもうすでに注文してあるとか言ってたな。



「はい、どうぞ。重いから気をつけてね」
「は、はぁ・・・・・」

そう言って渡されたのは・・・・全長5mはありそうな巨大な笹の木。

「秋子さん・・・・これを俺一人で持って帰れと・・・・?」

俺は思わず見上げてしまった。
こんなでかいの、家に入るのかな~なんて事を思いながら。
2002年07月02日 (Tue)
さぁ、いよいよ明日は体育祭だ!
何かつい最近、文化祭があったばかりのような気がするが気のせいだろう。
・・・・・・・気のせいだぞ!
ま、とにかくそんなこんなで体育祭だ。


「ふふふ・・・体育祭でも相沢くんを・・・」


な、何か聞こえたような気がするが幻聴だろうな。
・・・頼む、幻聴であってくれ(汗)
2002年06月23日 (Sun)
「嫌だ!俺は絶対やらんぞ!!」
「祐一、往生際が悪いよ」
「そうよ、他のみんなはもう着替えてるのよ?北川君なんかもうすっかり乗り気なのに」
「あんな奴と一緒にするなっ!とにかく嫌なもんは嫌なんだ!!」
「しょうがないわね・・・それじゃ、実力行使といきましょうか。名雪?」
「うん、分かったよ香里」
「きゃー!いやー!やめて!お婿に行けなくなっちゃう!!」
「気色悪い事言わないでよ!ほら、おとなしく着替えなさい!」
「誰か助けてくれー!!」



「・・・諦めろ、相沢」

そんな北川の声が聞こえたような気がした。
2002年06月20日 (Thu)
さてと・・・学校も終わったし、帰りに商店街にでも寄ってくかな。
Comment
Blog Search
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback