忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年08月19日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年04月01日 (Fri)
「ゴクッ、ゴクッ……ぷはぁ」

どんっ!

一気にボトルの中身を3分の1は飲み干したかと思うと、彼女は景気良くブランデーのボトルをテーブルの上に叩き付けた。
大よそラッパ飲みをするような酒ではないと言うのに、まるで水でも飲んでいるかのようだ。

「あー…香里、もうその辺にしといた方が良いと思うのだが」
「あによ~…最初に飲ませたのは相沢君じゃないのぉ~…」
「い、いやちょっと待て、別に俺が飲ませたわけじゃないだろ!?」

トロ~ンとした目付きでこちらを睨む香里。

アルコールのおかげで頬も紅潮し、顔だけを見れば色っぽく見えない事もないが…。
片膝立てて座りながらブランデーのボトルをラッパ飲みし、挙句に『ぷはぁ』などと酒臭い息を俺に向かって吐いてくるその様はまるで酔っ払いオヤジのようだ。
それにいつものミニスカートの制服でそんな格好をしてるもんだから、さっきから香里の魅惑のトライアングルゾーンがちらちらと見え隠れしている。

つーか、わざとやってんじゃないだろうな?

「とりあえず香里、その白いモノを隠せ。 さっきから目のやり場に困って仕方ない」

 
やだ、相沢君たら…さっきから視線が下がってると思ったらもういや~ね~。
そんなに見たいならはっきり言ってくれれば…」

「って、すとっぷストォォップ! 何故に自らの手でスカートを持ち上げようとしますか!?」
「あははは! もう冗談よ、冗談」

そう言いながら、再びブランデーのボトルに口をつけてラッパ飲みを始める香里。
いやあの香里さん、持ち上げたスカート降ろさないと白いモノが丸見えなんですが……。

ジワ…。

あ…やばい、鼻血が…。



「ほらほら、相沢君も飲みなさいよ~」

 
い、いや、ちょっと待て今はヤバイ。
っていうか流石にブランデーのラッパ飲みはきついって…ぐぼっ!?」


ささやかながらに抵抗してみるものの、酔っ払いには何を言っても無駄と言うものである。
あっという間に、俺の口には香里が先程までラッパ飲みしていたブランデーのボトルが捻じ込まれていた。

「ほらっ、た~んとお飲みなさい」
「む、むごぉっ!」

無理矢理ボトルを捻じ込まれているので、とめどなく流れ込んでくるブランデーを吐き捨てることも出来ず、そのまま全て飲み干すしかなかった。
しかしただでさえさっきからちびちびながらも飲み放しな上に、香里のパンチラで興奮して頭に血が昇っているこんな状況で度数の高い酒なんか一気に飲まされたりしたら……。

クラッ…

あ……ダメだ、意識が…。

案の定俺は過度のアルコール摂取に耐える事が出来ず、離れ行く意識を手放した。








―――話は数時間前に遡る。
PR
2007年08月18日 (Sat)
昼休み―――。
いつもならお昼のお弁当合戦で騒がしい女の子達は、今俺の周りには居ない。
何故かって?
そりゃ勿論、逃げてきたからに決まっている。

…最初のうちは結構嬉しかったんだけどな。
流石にこう毎日毎日だと偶には解放されたいと思うのも仕方ないだろ?

ただでさえ栞の重箱弁当だけで相当な量を食う羽目になるのに、更に他の皆までお弁当作ってきて俺に食べさせようとするからなあ…。
いくら毎朝(寝坊助の名雪のせいで)遅刻寸前で全力疾走しているとは言え、こんなに毎日毎日トンデモない量の昼飯を食わされたらカロリーの消費が追いつかない。
最近顔の輪郭がぷっくりしてきたような気がするし、心なしかズボンがきついような…。
もしかしたら、その内俺はフォアグラになってしまうんじゃないだろうか。

と言うわけで今日は4時限目の授業が終わるや否や、ダッシュで教室から逃げてきた次第だ。
正直後が怖い気もするが…余り気にしないでおこう。
2004年09月03日 (Fri)
少女は汗で滑る剣を握り直すと、キッと目の前の帝国兵達を睨む。
少女の周りには、すでに息絶えた帝国兵の骸が5,6体ほど転がっていた。
2004年09月03日 (Fri)
ベイグランドは北部の辺境と言われるだけあって、かなり山奥深い場所に位置している。
隣国ノーサイドとの国境は、ちょうどの山の麓辺りになるのだ。
ルクシス達は長い山道を抜け、そろそろ麓近くに着こうとしていた。
2004年01月29日 (Thu)
「あら?」

バスタオルを身体に纏っただけの姿の香里は、着替えの入ったバッグを探りながら疑問の声を漏らした。

「・・・・・・ない」

バッグの中を見つめたまま、誰に言うでもなく小さな声で呟く。
香里の頬を、一筋の冷や汗がつーっと伝った。

「あれ、香里どうかしたの?」

そんな香里を見て不審に思ったのか、ちょうど今更衣室に入ってきたばかりの名雪が声をかけた。

「え?あ、な、何でもないのよ名雪」
「本当? でも顔色悪いよ?」
「ほ、本当になんでもないから。大丈夫だから心配しないで」
「・・・・・そう? なら良いんだけど」
「そうそう。それより早く着替えてしまいましょう」
「うん、そうだね」

そう言うと、名雪はするすると水着を脱いで着替え始めた。
いくら周りに女子しか居ないと言っても、バスタオルも纏わずに着替え始める名雪は大胆なのか羞恥心が欠如してるのか・・・・。
そんな名雪を見て、いつもなら「バスタオルぐらい巻きなさい!」と一言言う香里だが、今日はそれどころではなかった。

「・・・・あたしとした事が・・・・大失態だわ・・・・」

そんな事を呟きながら、ささっと制服を着込む香里。
その動きは神業の如き素早さである。

「とにかく、あと1時間・・・・何とか乗り切らないと」

脱いだ水着とバスタオルをバッグに詰め込むと、香里は足早に更衣室を後にした。


「あ、香里置いてかないでよ~」
2003年07月27日 (Sun)
8月16日



あれから、どれぐらいの時間が経ったんだろう。
カーテンの隙間から窓の外を覗くと、うっすらと空が明るくなりかけている。
もう朝ね・・・。
身体を起こして隣を見ると、南が北川君の眠るベッドに寄りかかって眠っていた。
ずっと北川君の事診てたものね・・・さすがに疲れて眠っちゃったか。
2003年07月19日 (Sat)
『朝~朝だよ~、朝起きて学校行くよ~』
「う・・・・名雪、今日は日曜だぞ・・・・?」

いつものように、眠気を誘う声を出す名雪・・・・じゃなくて目覚ましで目を覚ます。
眠たい目を擦りながら時計を見るとまだ7時だった。

「何でこんな時間に目覚ましかけたんだ、俺は・・・・」

とりあえず名雪の頭(目覚まし)を引っ叩いて止める。
いつもお前のせいでえらい目にあってるんだから、日曜ぐらいゆっくりしたって良いだろう?
などと名雪の声を出す目覚ましに毒づきつつ、俺は再び眠りにつこうとした。

「・・・・・?」

何か違和感を感じる。
誰かが俺のベッドの上に居るような?

ガバッと上半身だけを起こして飛び起きる。

「おはよう、相沢君」

・・・・何故かそこには、俺に跨る香里の姿が。






「っ~~~~~~~~~!!!!!!」

思わず声にならない叫びを上げる俺。
こうして静かだった水瀬家の朝は騒がしく明けたのだった。
2002年11月14日 (Thu)
8月15日 その4



「「うんしょっと・・・ふぅ」

北川君をベッドの上に寝かせて私は一息ついた。
公園からここまで、かなり距離があるって言うのに・・・正直私一人じゃきつかったわ・・・。
ベッドに寝かせた北川君の顔を見る。
こうやって見ると、ただ寝てるだけにしか見えないんだけど・・・。
でも、息はしてないし心臓の音は聞こえないし、どうみても・・・。
もしかして・・・あやめさんを追いかけて行っちゃったのかな。

・・・・・・。

とにかく、南にだけでも連絡しておきましょう。
そう思って立ち上がると、私は玄関の所にある電話機のところへと向かった。
2002年11月01日 (Fri)
8月15日 その3



「き、北川君?!」
「はぁ、はぁ、はぁ・・・あ、あやめさん!」
「潤様・・・」

身体に力が入らないだろうに無理して・・・。
立ってるのも辛そうじゃない。
そんなに必死になって走ってきたの・・・?
2002年10月12日 (Sat)
8月15日 その2



「あやめさん、あなたは・・・」
「・・・幽霊・・・なのでしょう、祐子さん」
「あやめさん・・・」

気付いてたんだ・・・。
てっきり今までの態度からして、まだ自覚はないものだと思ってたけど・・・。

「いつから?」
「皆さんで海へ行った時があったでしょう? あの時に・・・」
「そっか、あの幽霊騒ぎの時の・・・」

あの時、あやめさんは霊力で結界みたいなものを張ってたものね。
おそらくそれで・・・。
1 2 3 4 5 6  →Next
Comment
Blog Search
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback