忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年12月13日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年11月01日 (Fri)
8月15日 その3



「き、北川君?!」
「はぁ、はぁ、はぁ・・・あ、あやめさん!」
「潤様・・・」

身体に力が入らないだろうに無理して・・・。
立ってるのも辛そうじゃない。
そんなに必死になって走ってきたの・・・?

「あやめさん、行っちゃだめだ!」

北川君が、光に包まれたあやめさんに向かって叫ぶ。
でも・・・あやめさんは、もう成仏しかかってる。
もう・・・。

「潤様・・・ 私 ( わたくし ) 、潤様と一緒に過ごせて幸せでしたわ・・・」
「あやめさん、そんな事言うなよ! 行かなくて良いから、俺なら何も心配要らないから・・・だから!」

そう言って懇願するように叫ぶ北川君を、あやめさんは少し嬉しそうで、それでいて少し悲しそうな顔で見つめた。

「・・・ごめんなさい、 私 ( わたくし ) は天国の潤様の元に参ります」
「あ、あやめさん・・・?!」

段々とあやめさんの身体が薄らいでゆく。
もう、お別れの時間ね。

「い、いやだ・・・あやめさん、行っちゃダメだーーーっ!!!」
「え?!」

北川君がそう叫んだ瞬間、突如として眩いばかりの光が辺りを包んだ。
な、何・・・?
何が起こってるの・・・!?


やがて、少しずつ光が収まっていく。
ようやく開けれた私の目に飛び込んできたのは、その場に倒れこんでいた北川君だった。

「ちょ、ちょっと北川君! 大丈夫?!」

慌てて駆け寄って、北川君の身体を抱き上げる。
思ったよりも軽い・・・。

「北川君、北川君?!」

何度か呼びかけてみても北川君はまったく反応しない。
そこでふと気付く。
北川君・・・息してない・・・!?
そ、そんな!?
北川君の胸の部分に耳を当ててみる。
・・・何も聞こえない。
心音が・・・聞こえない・・・!
まさか北川君、あやめさんを追って・・・?


・・・とにかく、ここに居ても仕方ないわね。
とりあえず、北川君の家まで運びましょう・・・。
あと・・・南にも連絡を入れておいた方が良いわね・・・。

私は北川君の身体を背負って立ち上がると、とにかくその場を後にした。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.150No.136No.120No.135No.119No.118No.117No.116No.115No.114No.113
Comment
Blog Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Trackback