忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年06月29日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004年09月03日 (Fri)
少女は汗で滑る剣を握り直すと、キッと目の前の帝国兵達を睨む。
少女の周りには、すでに息絶えた帝国兵の骸が5,6体ほど転がっていた。
PR
2004年09月03日 (Fri)
ベイグランドは北部の辺境と言われるだけあって、かなり山奥深い場所に位置している。
隣国ノーサイドとの国境は、ちょうどの山の麓辺りになるのだ。
ルクシス達は長い山道を抜け、そろそろ麓近くに着こうとしていた。
2002年06月11日 (Tue)
「それじゃお父さん、行って来ます」

少女はそう言うと、目の前に居る父親らしき男に一礼した。
旅装束のような格好の少女の腰には、その可愛い外見には不似合いな一本の剣が下げられている。
2002年06月01日 (Sat)
帝国の圧制から人々を救う為僅かな兵と共に旅立ったルクシスは、まず最初にこのベイグランドのすぐ南に位置するノーサイドへと駒を進めた。
ノーサイドは、帝国の中でもまだ支配力が弱い場所であり、戦力もそれほど大したものではない。
しかし、ルクシスがノーサイドへ向かう頃、アルトリア王国の生き残りをベイグランドが匿っていると言う事を知った皇帝が、それを討ち取る為に首都より大勢の兵をノーサイドへと向かわせていた。
正規軍ではないとは言え、その数はルクシス軍のゆうに10倍はある。
初戦からから苦戦を強いられそうな予感のルクシス達。
果たして、ルクシスは帝国軍を打ち破るが出来るのであろうか?




一方、ちょうどルクシスがノーサイドへ向けて進軍している頃、国境付近の小さな村に住む一人の少女が、ある決意を胸に戦場へと赴こうとしていた・・・。



2002年05月25日 (Sat)
アセリア暦912年―――。
大陸を支配するベイル帝国により、人々は苦痛の日々を強いられていた。
帝国は民に重い税をかけるだけでなく、帝国の崇める神への生贄と称して子供狩りまで行っていた。
帝国の圧制に反発するものは多く、幾度と無く反乱が起きていたが、その多くはまとまりのないまま簡単に撃破され、大勢の人が無駄に帝国兵の犠牲となるばかりであった。
もはや人々に希望の光などないのか・・・そう皆が思い始めていた頃、一つの小さな光が、北部の辺境ベイグランドでわずかな輝きを放っていた・・・。
Comment
Blog Search
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Trackback