忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年06月11日 (Tue)
「それじゃお父さん、行って来ます」

少女はそう言うと、目の前に居る父親らしき男に一礼した。
旅装束のような格好の少女の腰には、その可愛い外見には不似合いな一本の剣が下げられている。

「どうしても行くのか?」

父親らしき男は、少女に向かってそう言葉を投げかける。
少女はどう見てもまだ、15,6歳と言う年齢だ。
そんな年の少女が一人で旅に出るのを、父親が心配するのは当たり前だろう。

「お父さん・・・心配する気持ちは分かるわ。でも私の気持ちは変わらない」

そう言う少女の目には、強い決意の色が伺える。

「絶対にお母さんを見つけだしてみせる。帝国の奴らに連れ去られたお母さんを・・・」
「そうか・・・分かった、もう止めはせん、好きにしろ。だが、必ず無事に戻ってくるんだぞ」
「うん、分かってる。それじゃお父さん、今度こそ本当に行くね」

そう言うと、少女は父親にもう一度一礼し、村の外へと歩き出した。

「気を付けてな・・・」

父親はそう一言だけ小さく言葉をかけると、少女が見えなくなるまでその背中を見守っていた。



しかし・・・少女が村を出た頃、ノーサイドより進軍してきた帝国兵の先発隊が、ちょうどその辺りをさしかかろうとしていた。
帝国兵に与えられた命はただ一つ。

『アルトリアの生き残りと思われる者を一人残らず殲滅する事』

帝国兵は、例えそれがアルトリアの生き残りでなくとも、怪しい者は一人残らず殺すだろう。
少女は自分の身に危険が迫っているとも知らずに、ただ一つの目的を胸に秘めたまま、帝国に向かって南へと歩いていた。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.4No.3No.139No.2No.1No.149No.146No.148No.147No.152No.153
Comment
Blog Search
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback