忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年08月19日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年10月11日 (Fri)
8月15日 その1



ピンポ~ン。

いつものように玄関のチャイムを鳴らす。
あやめさんが来てから、随分頻繁に北川君の家に来るようになっちゃったわね・・・。
この家もすっかり見慣れちゃったわ。
PR
2002年10月10日 (Thu)
8月14日



「ふぅ・・・」

ぼふっ。

溜息を一つついて、ベッドに身体を投げ出す。
その状態で天井を見つめながら、私は北川君とあやめさんの事を考えていた。
2002年10月08日 (Tue)
8月12日



「それでは、私(わたくし) はリビングでお待ちしてますね」
「えぇ、ごめんねあやめさん」
「いえ、良いんですのよ」

そう言って、あやめさんは部屋を出て行った。

「さてと・・・」

私はあやめさんが完全に部屋を離れたのを確認すると、昨日と同じようにベッドに寝たままの北川君の方に振り向いた。

「北川君・・・どうしても確認しておきたい事があるんだけど良い?」
「・・・あぁ」

私の言葉に、北川君は真面目な顔で頷いた。
私の真面目な雰囲気を察したのだろう・・・。
2002年10月07日 (Mon)
8月11日



Trrrrrr・・・。
Trrrrrr・・・。

電話だわ。
ま、そのうち誰か出るでしょう・・・。
2002年10月05日 (Sat)
8月9日



ぴんぽ~ん。

昨日と同じように自分の部屋で勉強していると、突然チャイムの音が聞こえてきた。
誰か来たのかしら?
そう言えば、今誰も居ないのよね・・・仕方ない。
私は立ち上がると、部屋を出て玄関へと向かった。
2002年10月04日 (Fri)
8月8日



さてと・・・遊んでばかりも居られないから、たまには受験勉強しないとね。
夏休みの課題もあるし・・・。
私は、鞄から教科書とノートを取り出すと机の上に開いた。
さ、それじゃ始めましょうか。
2002年10月03日 (Thu)
8月7日



お昼。

何となく商店街を歩いていると、北川君と南にばったりと出会った。
正確には南に憑依したあやめさんなんだけど・・・。
2002年10月02日 (Wed)
8月6日



「名雪? もう他に寄る所はない?」
「え~と・・・特にないよ」

名雪は、両手に荷物を抱えて頷いた。
今日は名雪と二人でショッピング。
あーだこーだと、あちこち周ってたらいつのまにかこんな大荷物になっちゃった・・・。
ちょっと調子に乗って買いすぎたわね。
Prev1 2 3 4 5 6 7  →Next
Comment
Blog Search
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback