忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年06月29日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年09月22日 (Sun)
それはある日の昼休み。
俺たち美坂チームが、いつも通り4人で昼食を学食で食っている時だった。
PR
2002年09月21日 (Sat)
7月30日



「朝よ、祐子。起きて」
「う~ん・・・」

朝・・・?
今日の目覚ましの声何か変ね・・・。
いつもの名雪の声じゃないみたい。
それに、さっきから体を揺すられてるような・・・。
いつから、この目覚ましはそんな事までしてくれるようになったのかしら。
2002年09月20日 (Fri)
7月29日 その6



「ふ、不覚・・・」

私は、クルーザーの上でそう呟いた。
2002年09月19日 (Thu)
7月29日 その5



よーいドンの声を合図に、一斉に海へと向かう私達。
ちなみに、北川君以外に南とつむぎちゃんも不参加。
参加してもあんまり意味無いからって言ってたわね。
まぁ、良いんだけど。
2002年09月18日 (Wed)
7月29日 その4



「あう~、海~~!!」
「あ、真琴! ちゃんと準備運動しないと駄目ですよ!」
「うぐぅ、しょっぱいよぅ・・・」
「あゆちゃん、海なんだから当たり前だよ・・・」
「栞。あなたいくら泳げないからって、その浮き輪は子供っぽくない?」
「えぅ~、そんな事言うお姉ちゃん嫌いです! それに、元々これ持ってこさせたのお姉ちゃんじゃないですか!!」
「あははー。舞、サンオイル塗って一緒に焼きましょう~」
「はちみつくまさん」
「北川さん、本当にあやめさん置いてきて良かったの?」
「そうは言っても、あやめさんが恥ずかしがるんだからしょうがないだろ」
「やっぱり、大正時代の人にその水着は刺激が強いんじゃないですか、南?」



浜辺へやってきて、それぞれ好き勝手な事を始める面々。
ちなみに分かりにくい人の為に説明すると、今のセリフは上から順に真琴、美汐、あゆ、名雪、香里、栞、佐祐理さん、舞、南、北川君、つむぎちゃんよ。

・・・私、誰に説明してるんだろ?
2002年09月17日 (Tue)
7月29日 その3



さてと、まずは着替えないと。
持ってきた鞄を開けて、中から数着の水着を取り出す。
ちょっとした事情で多めに水着買う羽目になっちゃったから・・・結局、全部持ってきたのよね。
ワンピースタイプのものやビキニやハイレグ・・・。
それと・・・その・・・あの紐みたいなやつも・・・。
せっかく買ったんだからって持ってきたけど・・・流石に着れないわよね、これは。
そう思いながらも、手にとって眺めてみる。
・・・見れば見るほどエッチな水着。

「・・・祐子、それ着るの?」
「え?!」

振り返ると、訝しげな目でこちらを見ている香里と栞が・・・。
あぶない水着を手にとって眺めてるから勘違いしたみたいね。

「こんなの着れるわけないでしょ。ただ持ってきちゃったから・・・何となく見てただけよ」
「ふ~ん・・・着る気ないのに買ったの?」
「・・・それに関しては聞かないで」

私はげっそりとして顔を伏せる。
とにかく、更衣室内で暴走した名雪達のせいとだけは言っておくわ。

「ま、良いけどね」

香里もそれ以上は何も聞いてこなかった。
2002年09月16日 (Mon)
7月29日 その2



「皆さん、着きましたよ~」

そう言って、佐祐理さんが車を降りた。
私達もその後に続く。

「うわぁ・・・これが、佐祐理さんの別荘なの?」
「はい♪」

目の前に現れたその別荘はかなり大きく、私達全員が一人一人部屋を取ってもまだ充分に余裕がありそうだった。
さすがと言うか何と言うか・・・。

「わぁ、皆さん見てください! ここから海が見えますよ!!」

そう言って、栞がはしゃぐ。
確かに、栞が見ている方には一面の海が広がっていた。
この海で泳げるのかしらね。

「あ、そこの浜辺は倉田家のプライベートビーチですから、気兼ねなく泳げるんですよ~」
「へ~」

それじゃあ、私達以外には誰も居ないって事よね。
ちょっと安心。
いくら北川君が居ると言っても、やっぱりナンパしてくるような男が居たら楽しめないもんね。

「っと、はしゃいでるところ悪いんだけど、早いとこ部屋に案内してくれないか? そろそろ南を覚醒させないと・・・」

そう言えば、今日は朝からずっとあやめさんなのよね。
車でここに来るまでに3時間ぐらいはかかってるから・・・憑依してからもうかなり経つんじゃないかと思う。

「それじゃあ、ついてきてください。皆さんのお部屋に案内しますから」

そう言って、佐祐理さんは別荘の中へと歩いていく。

「私達も行きましょ」
「そうだね」

私達は、その後を追うようにして別荘の中へと入った。
2002年09月15日 (Sun)
7月29日 その1



「名雪ーっ、まだ準備できないの!?」
「う~、もうちょっと待ってよ祐子ちゃん!」
「いつまでもグースカ寝てるからよ。先に外で待ってるから早く来なさいよ?!」
「分かったよ~」

ほんとにもう、1日目から先行き不安だわ。
2002年09月15日 (Sun)
ギシッ・・・・ギシッ・・・・。
ガチャ、バタン。

「うにゅ~・・・・けろぴーが二人・・・・」

・・・・どうして、二人も居るのかな?
これじゃ、わたしが寝れないよ・・・・。

「うにゅ・・・・けろぴーはここ」

自分の寝る場所を確保しようと、片方のけろぴーをどかそうとするけど・・・・。

ぐっ・・・・。

「・・・・う~・・・・重いよ~」

何故かけろぴーはびくともしなかった。
こんなにけろぴーが重いはずないのに・・・・何でだろ?

「うにゅ・・・・眠い・・・・」

もう限界だよ・・・・このまま入っちゃおう・・・・。
寝ぼけた頭でそう考えて、わたしはゴソゴソと無理矢理ベッドの中に潜り込んだ。
2002年09月14日 (Sat)
7月28日 その2



途中百花屋に寄った後、私達は駅前のデパートに来ていた。
・・・・だって、名雪があまりにも煩いんだもの。
しょうがないから、先に百花屋に寄ったんだけど。
名雪・・・・いくらお腹空いてたからって、イチゴサンデー5つも食べたらお腹壊すわよ・・・・?

「う~、満足だお~♪」

・・・・まぁ、良いけどね。
Prev1 2 3 4 5 6 7 8 9  →Next
Comment
Blog Search
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Trackback