忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年09月10日 (Tue)
7月25日



その日の夜。
私はベッドの中で、眠れぬ夜を過ごしていた。

・・・・おかしい。
昨日から、何か引っかかってる事がある。
何だろう?
香里が何かを言っていたと思うんだけど・・・・。
いくら思い出そうとしても思い出せない。
とりあえず、最初から順序立てて整理してみましょう。

まず、昨日は香里の家に行った。
そこで、香里に引っ張られたせいで思わず土足で家の中へ・・・・って、ここは関係ないわ。
私がさっきから引っかかってるのは、部屋の中での事よ。
確か・・・・あの写真を見てて・・・・。
そこに香里が入ってきて、アルバムを取り上げて・・・・。
あれ? その時、香里は何て言った?
確か溜息を吐いてそれから・・・・。

『・・・・そうよ。あの写真の真ん中に一緒に写ってたのが『相沢祐一』君。あなたが教えて欲しいって言ってた相手よ』

写真・・・・その真ん中に・・・・。

『・・・・真ん中に一緒に写ってたのが『相沢祐一』・・・・』

一緒に写ってた・・・・『相沢祐一』・・・・。
相沢・・・・?
私と同じ苗字?
そうだ、これよ。
私が昨日からずっと気になってた事。
あの時は、他の事に気が言ってて特に気にも留めず聞き流してたけど。
・・・・どう言う事?
ただ、偶然なだけかしら。
それとも、私に何か関係あるの?

・・・・もう一度、名雪を問い詰めてみる必要があるみたいね。
その『ゆういち』君と私は一体どう言う関係なのか。
どうして同じ苗字なのか・・・・。
今日は・・・・もう流石に寝てるでしょうから、明日。
部活から帰ったら、またたっぷりと絞らないとね。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.130No.89No.88No.87No.86No.85No.84No.83No.82No.81No.80
Comment
Blog Search
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback