忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年09月26日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年07月19日 (Fri)
『あお~げば~とう~とし~・・・』

卒業式・・・。
仰げば尊しが流れる。
この曲を聴くと、あぁ卒業なんだなって感じがする。

高校生活も今日で終わりだな・・・・。

無事に卒業式も終わり、卒業生達は写真を撮ったりなんかしている。
そしてそれは俺たちも例外ではない。


「それじゃ行きますよ。皆さん動かないでくださいね」

そう言って、天野が俺たちに向かってカメラを構える。

「はい、チーズ」

パシャッ。

一瞬、眩しいフラッシュで目が眩んだ。
・・・・やば、もしかしたら目を瞑っちまったかも。
まぁ、良いか。

「悪かったな天野。写真なんか頼んじまって」
「いえ、これぐらいなら全然構いませんよ」

そう言いながら、天野はカメラを返してきた。


「それにしても良いですね・・・・4人とも大学行っても一緒ですか」

そう、俺たちは実は全員同じ大学に受かってたりする。
しかも、佐祐理さんと舞が行ってる大学だ。
まぁ、同じ大学と言っても学部は違うわけだから、今までとまったく一緒って訳じゃないけどな。
それでも違う大学へ行くよりかは、よっぽど一緒に居られる時間は多いだろう。

「さぁ、それじゃみんなそろそろ行こうよ~。今日は私の家で卒業パーティだよ」
「そうだな・・・・天野、栞。お前達も来るだろ?」
「「・・・・良いんですか?」」
「別に構わないでしょ。人は多い方が楽しいわ」
「そうそう」

そんな風に楽しく話しながら、俺たちは水瀬家へ向かう。



いつまでもこうやって皆で一緒に居られるわけじゃない。
だから・・・・俺たちは少しでも長く、こうして一緒に居たいと思う。

・・・・せめて大学を卒業するまでは。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.35No.126No.34No.33No.32No.143No.31No.30No.29No.28No.27
Comment
Blog Search
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Trackback