忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年12月13日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年08月08日 (Thu)
6月24日



ん~・・・・ようやく授業が終わった。
これで今日は自由だ!

「相沢さん・・・・まだHRがあるわよ?」

・・・・忘れてました。

石橋がやってきてHRが始まる。
さて、いつもの如く終わるまで寝てよう・・・・。
HRが終われば名雪が起こしてくれるだろう。
勝手にそう決め付け、俺は机の上に突っ伏した。





「ん・・・・」

ふと目が覚めて顔を上げる。
あれ?
おかしいな、何でこんなに暗いんだ?
周りを見渡すと、クラスメートは誰一人居ない。
変・・・・だな。
窓の外からグラウンドを見ても部活動をやっている姿も見えなかった。

ま、まさか・・・・。
嫌な予感がして時計を見る。

20時5分を指した所だった。

「な、何で誰も起こしてくれないのよ~~~~~~!!!!」

俺は一人寂しく帰路に着いた。




家に着いてから名雪に聞いた所、名雪もHRの時間に寝過ごして部活に遅れてしまった為、俺を起こしている暇がなかったそうだ。
まぁ、それは良い。

・・・・何でその後、誰も起こしてくれないんだ。
俺は密かに涙した。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.56No.55No.54No.53No.154No.52No.123No.51No.134No.50No.49
Comment
Blog Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Trackback