忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年12月13日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年08月11日 (Sun)
6月27日



キ~ンカ~ンコ~ンコ~ン。
ガラッ。

「はぁはぁ、何とか間に合った・・・・」

息切れしながら、ドアを開けて教室へ飛び込む。
とりあえず、チャイムはなったがまだ石橋は来ていないらしい。
廊下にもまだ姿は見えない。
何とか助かった。

「く~」
「・・・・・・・・」

いつもの事とは言え・・・・名雪のこれはどうにかならんもんだろうか?
まだ学生のうちは良いが、社会人になったら苦労するぞ名雪・・・・。

「おはようさん、二人ともいつもの如くギリギリだな」
「北川・・・・それは名雪に言ってよね。私はちゃんと毎朝起きてるんだから」
「私もちゃんと起きてるもん・・・・」

目が線になったままで名雪が答える。
言ってる傍から起きてないじゃないか。
何か対応策を検討せねば・・・・。


「あ、お、おはよう・・・・相沢さん」
「え?あ、香里・・・・お、おはよう」

名雪の起床作戦を思案していると、北川に遅れて香里が挨拶をしてきた。
俺も同じように返すが、お互いイマイチぎこちない。
ま、まぁ、不可抗力とは言え昨日香里と・・・・キ、キ、キスしてしまったから、な。
どうしても意識してしまう。

そのまま俺と香里は俯いて黙ってしまい、長い沈黙が流れる。
その横では、何故か北川がじーっと俺達の事の成り行きを見守っていた。
(ちなみに名雪は机に突っ伏して寝てる)
き、北川!何故こう言う時に限って場を壊してくれんのだ!!


「「あ、あの・・・・」」

同時に顔を上げ、二人の声が重なる。
ますます気まずい・・・・。
いつの間にか、クラス奴ら全員が俺達に注目している。
な、何で皆黙ってみてるんだ?!


「よーし、全員席につけ」

そこへ担任の石橋が入ってきた。
その声に我に返り、俺と香里はそそくさと自分の席に座る。
心なしか、顔が熱いような気がする・・・・。

「今日も全員居るなー、って、何だお前らその不満そうな目は」

見ると、クラスメートの全員が石橋に対して何かを訴えかけるような目をしている。

『石橋~、てめー邪魔しやがって』
『そこで石橋が現れさえしなければ、もっと面白いものが見れたかもしれないのに・・・・』
『石橋、許すまじ』

何か、そんな声が聞こえたような気がした。
・・・・俺達は見世物じゃねぇ!!





結局、その日一日クラスの全員から好奇の目で見られ続けた。
おかげで、ますます香里とぎこちなくなってしまった・・・・。

どうしよ?



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.124No.59No.58No.57No.56No.55No.54No.53No.154No.52No.123
Comment
Blog Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Trackback