忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年08月10日 (Sat)
6月26日



「なぁ、相沢」

昼休み。
いつものように屋上でみんなでお弁当を食べていると、突然北川が話しかけてきた。

「何?」
「ちょっと頼みが・・・・」
「却下」
「・・・・まだ何も言ってないぞ」
「あんたの頼みなんてどうせろくでもない事に決まってるから嫌よ」

ちょっと前ならともかく、最近変態ぶりが復活してきてるからな。
最初から断っておくに限る。

「そんな事言わずに聞いてくれよ~~~」
「あぁもう、ひっつくなっ! 分かったわよ、で?」

抱きつこうとして来る北川を引き剥がすと、渋々用件を聞き出す。

「うむ、用件と言うのはだな・・・・・相沢、抱かせてくれ」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい?」

あまりの唐突な事を言われた為、たっぷりと40秒もの間何を言われたのか理解できなかった。
思わず聞き返す。

「だから、相沢!お前を抱かせてくれ~~~~~!!」

そんな事を言って、ルパンダイブで飛び込んでくる北川。
ひぃっ、祐子ちんぴんち?!
思わず目を瞑る。



・・・・・・・・・?

しかし一向に何も起きる気配がない。
そっと目を開けてみると、そこにはすでにボコボコになった北川が倒れていた。

「まったく、いきなり何を言い出すかと思えば」
「祐子ちゃんに手を出したら承知しないお~」
「そんな事する人大嫌いです」
「今度同じ事したらただでは済みませんよ」

・・・・どうやら、皆が天誅を下したらしい。
まぁ、おかげで助かった。

「さ、残りのお弁当食べましょ」

そう言って、皆がこっちに戻ってくる。
勿論北川はほったらかしだ。

「お、俺は諦めんぞ~・・・・」

あ、まだ生きてた。
不気味に蠢きながら手を伸ばす。
と、たまたまだったのか狙ってたのか、その伸ばした手が香里の足を掴んだ。

「え?!」
「危ない!」

いきなり足を掴まれた為、香里は倒れそうになる。
俺は咄嗟に香里を受け止めようと、身を乗り出した。

ドタッ。

「「きゃあっ!!」」

俺と香里は同時に悲鳴を上げてその場に倒れた。



「ん・・・・・んん・・・・」

・・・・目を開けると、至近距離に香里の顔が。

「「!?」」

あ~、何と言うか。
つまりだな、俺と香里は倒れた拍子にお互いの唇が触れ合って・・・・要するにキスした状態になっていた。
絶句して固まる俺達。

そのままお互い動けず、5分ぐらい経っただろうか?

「あ~~~~~~!!お姉ちゃん、ずるいですっ!!!!」
「「はっ?!」」

栞の大声でようやく我に返り、身を離す。
香里は真っ赤になって俯いていた。

「う~・・・・祐子ちゃん、私も」
「な、名雪、いきなり何を・・・・!」
「私も祐子さんとキスしたいです~~~!!」
「あ、あの、出来れば私も・・・・」

だぁっ!ちょっと待てぇ!!
何考えてんだお前らは~~~!!!






結局、チャイムに助けられその場は逃げ切る事が出来た。

しかし・・・・香里とキスしてしまった・・・・。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.59No.58No.57No.56No.55No.54No.53No.154No.52No.123No.51
Comment
Blog Search
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback