忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年07月25日 (Thu)
6月10日



土日と学園祭だったので、今日は振替だ。
学園祭の準備でかなり疲れたからな~・・・・今日はゆっくりするか・・・・。

何て思ってたら、いつの間にかお昼を過ぎていた。
ちょっと寝すぎだな・・・・名雪じゃあるまいし。
さて、部屋でじっとしててもしょうがない、ちょっと下に降りてみるか。


リビングにやってくると、真琴がテレビを占拠して何やらゲームをしていた。
何をやってるのかと覗いてみたら・・・・。

『カリーンの剣』だった。
っておい、そんな古いゲーム何処で見つけてきた?
そのディスクシステムも含めて。

ちなみにこのゲーム、スク○○アが作ったものだったりする。
・・・・まぁ、そんな事はどうでも良いか。



「あうーっ。やっとカリーンの剣手に入った・・・・」

どうやら、もう結構最後の方まで進んでるらしい。
確か昨日はやってる様子は無かったから・・・・朝起きてから、昼までの間にここまで進めたのか?
・・・・どう考えても無理あるぞ、それ。

「真琴。もしかしてずっとゲームしてたの?」
「あ、祐子っ!見て見て、やっと最後の剣手に入れたのよ!」

そう言いながら、ステータス画面でカリーンの剣が装備されているのを見せる真琴。
いや、いきなりそんなの見せられても困るが・・・・。
あ、そうだ。

「ねぇ、真琴。良い事教えてあげようか?」
「あう?良い事?」
「そう、良い事」

そう言って、真琴からコントローラーを受け取る。

「良い?まず元の世界に戻って手近な街へ行く」
「ふんふん」
「街に着いたら一直線に武器屋へ向かう」
「それで?」
「武器屋に着いたら、おもむろに武器を買い換える。カリーンの剣は高額で売れるから、これでお金持ち♪」
「へぇ・・・・って、ちょっと!カリーンの剣売っちゃってどうすんのよ!?」
「まぁまぁ、落ち着いて」
「落ち着いてられないわよ!せっかく取ってきたのにー!」

じたばた暴れる真琴。
こら、危ないから暴れんな。

「大丈夫問題ないから」
「え?」
「それじゃ、もう一度向こうの世界へ行くでしょ?」
「・・・・うん」
「それでカリーンの剣のあった場所へ行くと・・・・」
「あ、またあった?!」
「そ。これを繰り返せば簡単に大金が手に入るわよ。ちょっと面倒だけど・・・・」
「でもお金貯めるのってすっごく大変だから、助かったわ祐子!」

そう言って、喜々として俺からコントローラを奪いゲームに釘付けになる真琴。

う~む・・・・こんな事でここまで喜ぶとは思わんかった。





「祐子さん」
「え?あ、秋子さん。何ですか?」
「・・・・どうして、あんな事知ってるんですか?」
「・・・・企業秘密です」
「あらあら」

ふ、初めて秋子さんに勝った。













ごめんなさい、私が悪ぅございました。
秋子さん、もう調子に乗りませんから、お願いですからご飯にジャムを混入させるのは止めてください・・・・。
いや、マジで。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.138No.41No.144No.40No.39No.38No.37No.122No.36No.121No.35
Comment
Blog Search
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback