忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年09月26日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年08月29日 (Thu)
7月14日



日曜日。
今日は、昨日の秋子さんとの約束通り一緒に買い物に来ているの。
でも、いくら約束した事とは言っても・・・・。

「秋子さん、ちょっと買いすぎなんじゃ・・・・?」
「あらあら、まだまだですよ。せっかく祐子さんが荷物持ちしてくれてるんですから、今日は思いっきり買わないと♪」

ま、まだ買うつもりなの?
秋子さん・・・・私、もう両手塞がってるんだけど・・・・。
これ以上、どうやって持てと言うのかしら?


「あれ?」

ふと視線の先に見知った顔を見つけた。
あれは・・・・。

「北川君?・・・・それと隣に居る女の子誰かしら・・・・?」

名雪に似た青い髪の女の子。
頭にヘアバンドをしてて、眼鏡をかけている。
結構、可愛い女の子だった。
北川君は、その女の子と楽しそうに話してる。
彼女・・・・なのかな・・・・?

「祐子さん? どうかしましたか?」
「え?!」

急に秋子さんに声をかけられて、私は我に返った。
どうやら、北川君たちを見ていたら、いつの間にか立ち止まっていたみたい。

「あら、あれは北川さん?・・・・と、女の子の方は南さん・・・・いえ、あやめさんの方かしら?」
「秋子さん・・・・あの女の子の事知ってるんですか?」
「えぇ、知ってますよ。名前を朝霧あやめさんと言って、確か北川さんの恋人だったと・・・・」
「そ、そうなんですか」

私はかなり動揺していた。
そうか、北川君彼女居たんだ・・・・。
まぁ、それもそうよね。
北川君って、結構格好良い方の部類に入るし・・・・彼女の一人ぐらい居たって・・・・。



何故か私の心が少し沈んだ気がした・・・・。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.76No.128No.75No.74No.125No.73No.72No.71No.70No.69No.145
Comment
Blog Search
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Trackback