忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年12月13日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年06月23日 (Sun)
キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン。
朝。
今日もギリギリである。

「な、名雪・・・・あんた・・・・本当に、いい加減にしなさいよね・・・?」

息も絶え絶えに名雪に文句を言う俺。

「うにゅ・・・私、ちゃんと起きてるもん・・・」

そして、いつも通り寝言で応える名雪。
はぁ・・・・もう良い・・・・。


「相変わらずね?」
「香里・・・もう諦めたわ」

俺はそう答えながら自分の席に座る。
名雪は・・・席に着いた途端、机の上に突っ伏した。
本当によく寝るやつだな・・・。

「ところで相沢さん、今日はお昼どうするつもり?」
「今日?別にいつも通りだけど・・・」

いつも通りと言うのは、要するに食堂で定食かもしくはパンと言う事だ。
弁当は・・・まぁ、名雪に期待するだけ無駄だな・・・まず起きれないだろうし。

「じゃあ、ちょうど良かったわ。今日は栞がお弁当持ってくるから」

う・・・また、あの重箱を食わされるのか・・・。

「・・・香里、たまには栞を止めてよ」
「無理ね」

ぐはっ、即答かい。
あの特製重箱を毎回完食してたらその内体型が崩れてしまうぞ!!
・・・俺、何で体型気にしてんだろ?(汗)
ま、まぁ良い・・・とにかく、あれを食うのは一苦労だ。

「そう言う訳だから、北川も一緒に来なさい」
「・・・何がそう言う訳なのか知らんけど、昼飯代浮くならなんでも良いぞ」

うむ、これで少しは楽になるな・・・。

はて、そう言えば女になってから栞と会うのは初めてだな。
う~ん、俺がこんな姿になってる事知ってるんだろうな・・・。









さて、昼休み。

「祐子ちゃん、お昼だよ!」
「嘘、もう?!」

俺は、名雪に呼ばれてガバッと起きる。
う~む・・・1時限目の途中から記憶がない・・・。
もしかして、俺ずっと寝てたのか?
何で誰も起こしてくれんのだ(汗)

「・・・そんな可愛い笑顔見せられたら、誰も起こす気無くすわよ」
「そ、そうなの?」
「「そうなのっ!」」

香里と名雪が怒気をはらんだ声をハモらす。
う~ん・・・・(汗)

「それじゃ、先に屋上行ってましょ。栞達もすぐ来ると思うから」

そう言って香里が席を立つ。
そうだな・・・。







一足先に屋上に着いた俺たちは、ビニールシートを広げてそこに座り栞が来るのを待つ。
ちなみにこれは舞と佐祐理さんが置いていったものだ。

バタン!
いきなり勢い良く屋上の扉が開く。

「お待たせ~です!」

そう言って出てきたのは重箱を抱えた栞だ。
階段を一気に駆け上がってきたようだが、息切れ一つしていない。
・・・随分元気になったもんだな、おい。

「も、もう駄目です・・・」

そう言って、逆に激しく息切れして出てきたのは天野。
お前がそんな事でどうする。

「祐一さんの為に、今日も張り切って作ってきました!・・・って、あれ。祐一さんは?」

そう言いながら、キョロキョロする栞。

「祐一さんは何処です?・・・・そして、そこに居る見知らぬ女性は誰ですか?」
「香里・・・栞に何も言ってないないの?」
「聞かれてないもの」

ぐ・・・いや、そうだろうけどさぁ。
普通教えとくだろ。

「どう言う事です?」

そう言いながら、俺と香里に詰め寄ってくる栞。
あ~もう、また説明しなきゃならんのか・・・。

「え~と、実はね・・・」




「「ええぇぇっっ????!!!!」」

俺の説明を聞いて激しく驚く、栞と天野。
まぁ、無理も無いが。

「で、でも何で突然そんな事になったんですか?」
「・・・聞かないで」

もうあのジャムの事は思い出したくない・・・。

「とりあえず、事情は分かりました・・・でも一つ気になる事がありますっ」

そう言ってずずいと俺の前にやってくる栞。
いや・・・ちょっと怖いんだが。

「な、何?」
「・・・・・・・・・」

ずっと無言で俺を見つめていた栞は、突然視線を下にやると両手を伸ばしムンズと俺の胸を掴んだ。

「んきゃあっ?!ちょ、ちょっと栞、いきなり何を!!??」
「何でですか!?何で、こんなに胸が大きいんですか!!!???」

そう言いながら、半狂乱に激しく俺の胸を揉みしだく栞。
頼むから止めてくれ(汗)

「男だった祐一さんが、お姉ちゃんよりも胸が大きいなんてある意味犯罪ですっ!」
「そ、そんな事知らないわよっ!」
「はぁ・・・これだから、あたしから話したくなかったのよね」

そう言って香里が溜息を吐く。
いや、のんびりしてないで助けろよっ。

「まぁまぁ、栞ちゃん。その辺で・・・」

そう言って止めに入ったのは・・・・何と北川だ。
珍しい事もあるもんだ。

「う~・・・でも、この胸すごくむかつきます・・・」

そう言いながら、俺の胸から手を離さない栞。
いい加減にしてくれないと、そろそろ痛いんだが(汗)

「そんな事しても、栞ちゃんの胸が大きくなるわけじゃないんだし、とりあえず離れようよ」

あ・・・・き、北川・・・・お前、何つー事を・・・・。

「・・・・・北川さん・・・・・」

俺の胸から手を離した栞は、くる~りと北川の方を向く。
いつの間にやら、その手には香里直伝のメリケンサックが・・・。

「えっと・・・・栞ちゃん?俺、何か変な事・・・」
「地獄へ行くですっ!!」
「ギヤーーーーーーー!!!!」

そう言って、メリケンサックで北川をボコボコにする栞。
ちなみに、何故か香里も加わっていた。

「・・・知~らないっと」

俺、名雪、天野は無視を決め込み、とっとと弁当を食べる事にした。



しかし、北川・・・・自業自得とは言え、毎回毎回不憫な奴だな。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.140No.5No.4No.3No.139
Comment
Blog Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Trackback