忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年09月26日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年09月22日 (Sun)
7月31日



「う~ん、今日も泳いだわね~」

別荘に戻ってきて、思いっきり伸びをしながら私は呟いた。
他の皆は、多分まだ海で泳いでいる。
私一人だけ戻ってきたんだけど。
流石に3日連続で泳ぐと疲れるわね・・・。
こんな時は、のんびりと温泉にでも浸かって疲れを癒したい所よねぇ。

「あははー、だったら入ってみますか、温泉?」
「え?」

突然現れて、そんな事を言う佐祐理さん。
い、いつの間に・・・。
て言うか、私声に出してたのかしら・・・。
ま、まぁ良いわ。

「温泉があるって本当ですか、佐祐理さん?」
「はい。実は、この別荘のお風呂の一つに温泉があるんですよ~」

一つにって・・・お風呂がいくつもあるのかしら?
いや、それ以前に温泉のある別荘って一体・・・。

「祐子さん、深く考えては駄目ですよ~」
「そ、そうですね」

考えてどうにかなるもんでもないしね・・・ここは素直に温泉に入れると思って喜んでおきましょ。

「それじゃあ、案内してもらえますか、佐祐理さん?」
「はい♪」

そう言うと、私と佐祐理さんは温泉へと向かった。




脱衣所で服を脱いで裸になると、タオルを体に巻きつけて外へと続く扉を開く。

「うわぁ・・・」

そこは、見事なまでの露天風呂だった。
これだけ立派な露天風呂、旅館とかでもそうそう見ないわよ?
流石と言うか何と言うか・・・。

「どうですか、祐子さん。気に入って頂けましたか?」
「もちろん! こんな凄い露天風呂、気に入らない方がおかしいわよ」
「あははー、そう言っていただけると嬉しいです」

そう言って、私と同じようにタオル巻いただけの格好の佐祐理さんははにかんだ。
う・・・佐祐理さんて、同姓の私から見ても凄く可愛いのよね・・・。
年上とは思えないわ・・・。

「それでは、早速入りましょう~」
「あ、うん」

先に行く佐祐理さんに続いて、私もお風呂の方へと移動する。
木桶でお湯をすくい、体に充分かけてから温泉へと浸かった。

「う~ん、気持ち良い・・・」

お湯の温度は熱すぎずぬるすぎず、私に丁度良い。
それに温泉の効能なのか、浸かってるだけで体の疲れが抜けていくみたい・・・。
ホント、気持ち良い温泉ね・・・。

「あ、佐祐理さん」
「ふぇ? 何ですか、祐子さん」
「他の皆はどうしたの?」
「皆さんでしたら、まだ泳いでると思いますよー」

皆、まだ泳いでるの・・・。
よくもまぁ、疲れないわね。
普通、1日海で泳いだだけでもかなり疲れるものなんだけど・・・。
元が違うのかしら?


「そう言えば、佐祐理さんはどうして一人で戻ってきたの?」
「そんなの決まってるじゃないですか。祐子さんを一人になんてしておけないからですよー」
「それって、私の事心配してくれて・・・?」
「はい♪」

佐祐理さん・・・。
あぁ、何て優しいんだろう。
私の事なんか放ったらかしで遊び続ける他の皆とは大違いだわ。

「佐祐理さん・・・ありがとう」
「あははー、気にしないで良いんですよー。おかげで佐祐理もこうやって祐子さんと裸のお付き合いが出来てラッキーですから」

笑顔でそんな事を言う佐祐理さん。
ちょっと違うような気がしないでもないんだけど・・・まぁ良いか。
私は余計な考えを追い出すと、目を瞑ってそのまま温泉の気持ち良さに身を任せた。






それから、私と佐祐理さんはお互いに洗いっこしたりしてから温泉を後をにした。
その頃には、すっかりのぼせてたけど・・・。
どうして洗い合っててのぼせたかは・・・その、秘密・・・(赤)



・・・でも、佐祐理さん可愛かった。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.102No.101No.100No.99No.98No.97No.131No.96No.95No.94No.93
Comment
Blog Search
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Trackback