忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年09月26日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年09月03日 (Tue)
7月19日



「・・・・で、明日から夏休みになるわけだが・・・・お前達は受験生なんたから、遊ぶなとは言わないまでも勉強を疎かにしないように。では今日はこれで終わる」

そう言って石橋が締めくくり、1学期最後のHRが終わった。

「祐子ちゃん、帰ろ~」
「あら? 名雪部活は?」
「今日は終業式だったから、お休みにしたんだよ」
「・・・・勝手に休みにしたりして良いの?」
「良いんだよ~。だから帰・・・・」
「駄目です」
「「え?」」

いきなり聞こえた声に私達が振り向くと、そこには一人の女の子が・・・・。
えっと・・・・誰だっけ、この子?
制服のリボンを見る限りでは、2年生みたいだけど・・・・・。

「部長・・・・今日が休みだなんて誰が決めたんですか?」
「う・・・・」

・・・・部長?
それって名雪の事?

「さ、部活へ行きましょう」
「い、いやだお~! 今日は祐子ちゃんと一緒に帰るんだお~~~!!」
「ダ・メ・で・す! ほら、キリキリ歩いてください!」
「ゆ、ゆ~こちゃ~ん~~~~!!」

私の名前を叫びながら、名雪は連れて行かれてしまった。
な、何だったの今の・・・・。

「あら、祐子。帰らないの?・・・・ってどうしたのよ」
「あ、香里・・・・名雪が・・・・」

私は、名雪が連れて行かれた方を指差しながら呟いた。

「あぁ・・・・名雪ったら、また部活サボろうしたのね」
「・・・・また?」
「えぇ、いつもの事よ」

そうだったんだ・・・・。
じゃあ、さっきのは陸上部の後輩だったのかな?

「それにしても・・・・名雪って、そんなにしょっちゅう部活サボってるの?」
「まぁ、大抵は未遂で終わるけどね」

そう言って、香里はクスリと笑った。

「ところで、もう帰るんでしょ? 何なら一緒に帰る?」
「香里と? そうね~、もう残ってる用もないし良いかな」
「じゃ、帰りましょ」

そして、私と香里は帰路についた。




ところで・・・・。

帰る途中香里は、ずっと私と腕を絡ませていた。
別に嫌じゃないんだけど・・・・ちょっと恥ずかしいんだけど・・・・。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.82No.81No.80No.129No.79No.78No.77No.76No.128No.75No.74
Comment
Blog Search
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Trackback