忍者ブログ
2018.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
過去の遺作置き場
2018年02月18日 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年07月04日 (Thu)
ガシャーーン!

一体、どれくらい久しぶりなのか・・・。
学校中の生徒を閉め出し、学校の門が閉まった。
そして、俺たちも例外ではない。

「おいこら、石橋!一体どう言うつもりなんだ!?」

無理矢理閉め出された北川が石橋に食って掛かる。
無論、俺たちも同じだ。

「説明しなさいよね!」
「そうだよ、いきなり理由も言わずに閉め出すなんて横暴だよ~」

「やかましぃっ!!」

「「「「「きゃあっ(おわっ)?!」」」」」

お前の方がよっぽどやかましいと言いたくなるような大声で石橋が一喝した。
あまりの大声だった為、思わず腰を抜かしてしまったものも居る。

「帰れと言ったら帰れ!誰が何と言おうと、今夜の止まり込みは認めん!!」
「何ですってぇ?!」
「生徒による学園祭の自主的運営と言う大定番を踏みにじって・・・・それで済むと思ってるんですか?」
「おい、石橋!覚悟しておけよ、夜が明けたら実行委員会に提訴し、己の責任を追及してやるからなっ!!」
「「「「異議なし!」」」」

珍しく、北川の言う事に同調する俺たち。

「あぁ、そうかそうか。何でもやってくれ。明日まで覚えてたらな!」
「忘らいでか!!」

そこまで言うと俺たちはしぶしぶ校門の前を後にした。
本当はまだ納得が行ってなかったが、雨も降る中これ以上口論してても仕方ないしな・・・。


「あ~あ、これで明日の学園祭初日の喫茶店オープンは無理ね・・・」

溜息を吐きながら香里が呟いた。
他の全員も同じだろう。
今まで苦労して準備してきたのに、それが報われずに学園祭初日を迎えようとしているのだから・・・。

それぞれが電車、バス、自家用車で家路に着く。
具体的に言うと天野が電車、美坂姉妹及び北川が雨が降っていると言う事でバス、舞と佐祐理さんが自家用車(運転手付)と言った感じだ。

「それじゃ、雨も降ってるしとっとと帰りましょ。名雪に真琴、あゆ。行くわよ?」

俺達も家に帰る為、水瀬家の住人達に声をかけた。
俺たちは徒歩だ。

「あ、ちょっと待って。お母さんが・・・・」
「私は、ちょっと用事がありますから・・・・先に帰っててもらえますか?」
「え、でも・・・・」
「私の事は良いですから・・・・」
「・・・・分かりました」

気になったけど、俺はそれ以上聞かなかった。











「・・・・他の先生方も全て帰宅させました。後は用務員の方を除けば我々二人だけです」

石橋が、先ほどとは打って変わって潜めた声で秋子さんに話しかける。

「分かりました・・・・それでは私は街そのものを見て回ってきます。もしかしたら何か反応があるかも知れませんし・・・・学校の方はお任せしましたよ?」
「は・・・・」

石橋は強く頷く。
それを見た秋子さんは、安心するとその場を後にしようとする。

「あ・・・秋子・・・さん。何か嫌な予感が・・・・お気をつけて・・・」
「先生も気をつけてくださいね・・・・後で電話を入れます」

それだけ言うと、秋子さんは歩き出した。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.21No.142No.20No.19No.18No.17No.16No.141No.15No.14No.13
Comment
Blog Search
Calendar
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Trackback