忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
過去の遺作置き場
2017年09月26日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年07月07日 (Sun)
「・・・・・駄目だわ、繋がらない」

そう言って香里は受話器を置いた。
横では不安そうな顔をした栞が香里の方を見つめている。
これで最後か・・・・結局、誰一人として繋がらなかったな。


「どうなってるんでしょうか・・・・私や栞さんの所はともかく、200回線以上もある佐祐理先輩の所も誰も出てこないなんて・・・・」

そう言って、天野は俯いた。
確かにな・・・・いくらなんでもおかしすぎる。
これじゃあまるで・・・・。

「まるで、この世界にあたし達しか居ないみたいね・・・・」

香里が俺の心の言葉を代弁するかのようにそう呟いた・・・・。



「香里さん」
「え?あ、秋子さん・・・・何ですか?」
「えぇ、ちょっと・・・・」

ここでは話しづらい事なのか、秋子さんは台所の方へ目配せをした。
香里はそれを察したのか秋子さんと台所の方へ向かっていく。



「え?!石橋が・・・・!?」

台所の方からそんな声が聞こえる。
何を話してるんだろ・・・・う~ん、気になるな・・・・俺も・・・・。

「ねぇ、祐子ちゃん」
「え?あ、あぁ・・・・名雪。何?」

二人の会話が気になって自分も台所へ行こうと思ったが、名雪に呼び止められてしまった。
何なんだ?

「うん・・・・その、懐中時計・・・・どうしたのかなと思って・・・・」
「懐中時計?・・・・あぁ、これ?」

そう言って俺は懐から金色に光る懐中時計を取り出す。

「最近、よくそれを眺めてるのを見かけるから・・・・」
「うん、これを見てると何だか不思議な気持ちになるの。何て言うか・・・・安らぐって言うか・・・・」
「ふ~ん・・・・」

そう言うと、名雪は俺の持っている懐中時計をまじまじと見つめる。

「本当・・・・何か不思議な感じがするね」
「うん。だからって訳じゃないけど、こうやっていつも持ってるの」

それだけ言って、俺は再び時計を懐にしまった。

「ところで名雪。まだ寝なくて良いの?明日も早いわよ」
「あ、うん。もう寝るよ。祐子ちゃんは?」
「私?私は・・・・もう少ししたら寝るわ。少し考えたい事があるから・・・・」
「ふ~ん。それじゃ、私は部屋に戻るね。お休み、祐子ちゃん」
「あ、うん。お休み、名雪」

そう言って俺たちはお互いの部屋に戻って行った。



それにしてもさっきの秋子さんと香里の会話・・・・気になる・・・・。
一体、何が起きてるんだろう・・・・?



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.24No.23No.22No.21No.142No.20No.19No.18No.17No.16No.141
Comment
Blog Search
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Trackback