忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年12月13日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年10月02日 (Wed)
8月6日



「名雪? もう他に寄る所はない?」
「え~と・・・特にないよ」

名雪は、両手に荷物を抱えて頷いた。
今日は名雪と二人でショッピング。
あーだこーだと、あちこち周ってたらいつのまにかこんな大荷物になっちゃった・・・。
ちょっと調子に乗って買いすぎたわね。

「じゃ、もう帰ろっか」
「あ、せっかくだから百花屋寄って行こうよ」
「・・・またイチゴサンデー?」
「うん!」

元気良く答える名雪。
ホントに、名雪ってイチゴ好きよねぇ・・・。

「良いけど、奢らないわよ?」
「え~、祐子ちゃんのケチ・・・」
「ケチじゃないのっ! 大体、私が奢らないといけない理由なんて無いじゃない」
「う゛~」

唸っても駄目だからね、名雪。
ホントにもう・・・。




結局、何だかんだで百花屋にやってきた私達。
ウェイトレスに案内された席に座る。

「私、イチゴサンデー!」
「・・・私はコーヒーで」

注文を受けたウェイトレスはそのまま下がって行った。


「ねぇ、祐子ちゃん」
「ん? 何、名雪」

注文した物を待つ間、名雪が私に話しかけてくる。
私は窓の外に向けていた顔を名雪の方に向けた。

「ここのウェイトレスの制服って可愛いよね」
「制服? そうねぇ・・・」

私は、忙しそうに歩き回るウェイトレスさんの方に目を向けた。
スカートが、膝のちょっと上ぐらいのミニスカートで、白に黒を基調にしたデザイン。
どことなくメイド服のような感じを受けるけど、確かに可愛い制服だと思う。
ただ、結構胸の強調されるデザインみたいで、胸の小さい娘にはあんまり似合わなそうね・・・特に栞とか。

(そんな事言う人嫌いですっ!)

何か聞こえた気がするけど気のせいね。

「それで、あの制服がどうかしたの?」
「うん、可愛いから着てみたいなって・・・祐子ちゃんもそう思うでしょ?」
「私? ま、まぁ・・・」

確かに一度着てみたい気もするけど・・・ちょっと恥ずかしくて人前では着れないわね・・・。

「じゃあ、今度香里の家に行こうよ」
「・・・何でそこで香里が出てくるの?」
「え、だって香里、こう言うの一杯持ってるよ?」
「そ、そうなの?」
「うん」

頷く名雪を見て、思わず溜息を吐く。
香里・・・そんなもの一体何に使う気よ・・・。
何となく香里の裏の一面を垣間見た気がした。

「じゃあ、決まりだよ~。今度香里が暇な時にでも行ってみようね」
「・・・好きにして」

私はいつの間にか持ってこられていたコーヒーをすすりながらそう呟いた。






それから、名雪がイチゴサンデーをおかわりしようとするのを止めながら、私達は百花屋を後にして家路に着いた。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.112No.111No.110No.109No.108No.107No.106No.105No.104No.103No.102
Comment
Blog Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Trackback