忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年12月13日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年10月05日 (Sat)
8月9日



ぴんぽ~ん。

昨日と同じように自分の部屋で勉強していると、突然チャイムの音が聞こえてきた。
誰か来たのかしら?
そう言えば、今誰も居ないのよね・・・仕方ない。
私は立ち上がると、部屋を出て玄関へと向かった。

ぴんぽ~ん。

中々出てこないので痺れを切らしたのか、玄関の外に居る誰かはもう一度チャイムを押してくる。
はいはい、そんなに何度も鳴らさなくても今出るから・・・。

「今、開けま~す」

外に居るであろう人物にそう声をかけながら、玄関の鍵を外して戸を開ける。

「どちら様・・・って」
「えへへ~、こんにちはです!」
「お邪魔するわ」

私の目に飛び込んで来たのは、大きなバケツサイズのアイスを抱えた栞だった。
その後ろには、香里の姿も見える。

「香里・・・一緒に歩いてきて、よく恥ずかしくなかったわね」
「そんなの恥ずかしかったに決まってるでしょ!」

声を大にしてそう言う香里。
まぁ、当然か。
私だって、こんなのと一緒に歩くのは恥ずかしいもの。

「こ、こんなのってなんですか?! そんな事言う人たち嫌いです!!」

右手に持ったスプーンを振り回しながらそう言う栞。

「って、私また声に出してた?」
「えぇ、声を大にして~の所からね」

う・・・それって結局全部じゃないの。
私、ホントに最近どうしちゃったんだろう・・・。

「と、ところで二人とも今日はどうしたの?」
「そんなの決まってるじゃないですか。今、家に祐子さんしか居ないと言うのを聞いて、千載一遇のチャンスを逃がすわけ・・・むぐぐ」
「た、ただ何となく遊びに来ただけよ!」

何かを言いかけた栞の口を塞いで、そう言う香里。
・・・今、チャンスがどうこうって聞こえたんだけど。

「・・・ホントでしょうね?」
「ほ、ホントにホントよ」

どことなく焦ってるように見えなくもないけど・・・。
まぁ、良いか。

「ま、とりあえず中へどうぞ。それと香里」
「何?」
「・・・いい加減、離してあげないと栞の命が燃え尽きようとしてるわよ?」
「え?」

ふと、視線を下に向ける香里。
そこには、香里に口と鼻を塞がれてピクピクと痙攣する栞が・・・。

「きゃあ! ご、ごめん栞、しっかりして!!」

香里にゆさゆさと揺さぶられて、カクンカクンと頭を揺らす栞。
って、香里・・・あなた栞に止め差す気?
ホントにもう・・・。






とりあえず、栞を覚醒させた私達は私の部屋へと移動した。
あのまま玄関に居てもしょうがないし。


「・・・死ぬかとおもいました」
「栞・・・ごめん・・・」

これは、さっきから続いてる栞と香里のやりとり。
栞も中々しつこい方で、さっきから何度も同じ事を言って香里を非難してる。
まぁ、分からなくもないけど。

「で、遊びに来たのは良いんだけど・・・何するの?」
「それは・・・お姉ちゃんからどうぞ」
「えぇ、そうね」

そう言うと、香里は持って来た大きめの鞄を開いて、中から一着の服を取り出した。

「これって確か・・・」
「そう、百花屋のウェイトレスの制服。名雪に頼まれて持ってきたのよ」
「へ、へぇ~」

ま、まさか本当に持ってるとは思わなかったわ。

「それで、こんなもの持ってきてどうするつもり? 名雪も居ないのに・・・」
「それはもちろん・・・栞」
「はい♪」

そう言って立ち上がった二人は、ジリジリと私に近づいて来て・・・。
って、な、何か前と似たようなパターンが(汗)

「ふ、二人とも? 一体、何を・・・」
「ふふふ、それはもちろん・・・ねぇ、栞?」
「はい。決まってますよね、お姉ちゃん?」
「か、香里、栞? それは止めようよ・・・(汗)」
「問答無用です」
「さ、おとなしく着替えましょうね?」

い、いや~~~~~~!!!!
私の魂の叫びがこだました。





「ふぅ、これで良いわ」
「祐子さん、凄く似合ってます~」
「うぅ・・・私ってこんなんばっか・・・」

無理矢理着せられた制服に、最早涙するしかない私・・・。
それに着替えさせる途中で、手が滑ったとか何とか言いながらあっちこっち触るもんだから・・・(赤)
もう私お嫁に行けないよ・・・。

「その時はあたしが貰ってあげるから安心しなさい」
「女同士で何を言うのよ・・・って、また声に出てたのね・・・」

何でこうも声に出るのよ・・・。

「それにしても・・・」

香里がマジマジと見つめてくる。
その・・・私の胸の部分を・・・。
この制服って胸が強調されるデザインだから、元々大きい私の胸が尚更目立つのよね・・・。
もう恥ずかしいったら・・・だから着たくなかったのにぃ。

「えぅ~、そんな胸の大きい人嫌いです・・・」

と言って、部屋の隅にしゃがんで床に『の』の字を書いてる栞。
自分で着替えさせておいて何を言うのよ。
む~、何か自分だけ着てるのも腹たってきたわね・・・。

「香里、これまだ他にもあるの?」
「え? えぇ、あるけど・・・」
「ふ~ん、そうなんだ(ニヤリ)」
「な、何よ祐子・・・その笑みは(汗)」

じりじりと後ずさる香里。
でも、その後ろは壁。
逃げられるはずがない。
私は香里の鞄からもう一着の制服を取り出すと、

「香里・・・せっかく持ってるんだから、香里も着なきゃね・・・」
「な、何でそうなるのよ!」

首を振って嫌々する香里。
形勢逆転ね・・・。

「さぁ、香里・・・覚悟は良い?」
「よ、よくないわ!」
「・・・問答無用」
「な、ちょ、ちょっと祐子止め・・・あ~~~~!!!」

私は香里に飛び掛ると、着ている服を脱がしにかかるのだった。








その後・・・結局、栞も無理矢理着替えさせて3人仲良くウェイトレス姿になったりした。
栞は、『理不尽です~!どうして私だけ~!!』とか胸を見ながら叫んでたけどね。
・・・生まれつきのものはどうしようもないのよ、栞。

そして・・・そんな私達のショーは、名雪が帰ってきて、現場を見て固まるまで続いたのでした。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.115No.114No.113No.112No.111No.110No.109No.108No.107No.106No.105
Comment
Blog Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Trackback