忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
過去の遺作置き場
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002年10月03日 (Thu)
8月7日



お昼。

何となく商店街を歩いていると、北川君と南にばったりと出会った。
正確には南に憑依したあやめさんなんだけど・・・。

「北川君は、いつも通りあやめさんとデート?」
「まぁな・・・最近は、ほぼ毎日だよ」
「そうなんだ。じゃあ、南も大変ね~」
「?・・・どうして、そこで南さんが出てくるのですか?」
「あ~・・・あやめさんは気にしなくて良いから・・・」

不思議そうに首を傾げるあやめさんに、そう言う北川君。
あやめさん、まだ幽霊の自覚ないのね・・・。
まぁ、自覚してたらとっくに成仏してるか。
あれ? でも・・・。

「北川君、ちょっと・・・」
「お、おい、何だよ相沢・・・」

あやめさんに『ちょっとごめんね』と良いながら、北川君の手を引いて少し離れた場所に移動する。
私は向こうに聞こえないように小声になりながら、

「北川君・・・あやめさん、前に肝試しの時に盛大に霊力使ってたわよね?」
「あ、あぁ・・・そうだな」

北川君は、思い出すように頭をめぐらす。

「それなのに、まだ幽霊の自覚ないの?」
「自分に不思議な力があるって事は理解してるんだけどな・・・自分が幽霊だから霊力が使えるとは理解してないみたいなんだ・・・」

あやめさん・・・もしかして、鈍感?
と言うか、天然ボケって言うのかしら・・・あやめさんってどこかそんな雰囲気あるものね・・・。
それにしても・・・こんなんで、ホントに成仏させられるのかしら?


「あの・・・お二人とも、どうかなさったんですか?」
「え? あ、うぅん、何でもないのよ、あやめさん。ねぇ、北川君?」
「あ、あぁ、そうだな相沢」

慌てながら、二人で頷きあう私達。
あやめさんはそれで納得したのか、それ以上は何も聞いて来なかった。

「そ、それより北川君・・・あなた、また顔色悪くなってない?」
「え、そうか?」

北川君が、近くのショーケースのガラスに自分の顔を映しながら呟く。
事実、北川君はかなり青い顔をしていた。
それに、どことなく元気が無いようにも見えるんだけど・・・。
自覚ないの?

「まだ疲れが取れてないんじゃない? もっと身体休ませた方が良いわよ」
「う~ん・・・」
「潤様、身体のお加減でも悪いのですか?」
「自分では、それほど悪いとは思わないんだけどな・・・確かに疲れやすくはなってるけど」
「充分よ、少しは休みなさい。あやめさんも、あんまり北川君が無理し過ぎないように見張っててね」
「はい。私(わたくし) にお任せください」

そう言って、あやめさんは微笑んだ。

「それじゃ、私はそろそろ帰るけど・・・二人はどうするの?」
「そうだなぁ・・・あやめさんはどうしたい?」
「私(わたくし) は潤様にお任せしますわ」
「そうか・・・じゃあ、俺たちはもう少しその辺歩いてから帰るよ」
「そ。じゃね」
「おう、じゃあな相沢」
「ご機嫌よう、祐子さん」

二人に手を振りながら、私はその場を後にした。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.113No.112No.111No.110No.109No.108No.107No.106No.105No.104No.103
Comment
Blog Search
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback